60代まで現役看護師キツくない?こんな将来像を考えてみた。

こんにちわMOMOです!

初めましての方はプロフィールをどうぞ。

 

 

60代まで現役看護師続ける?

現役看護師の私の趣味の1つに、ナースの求人を眺めるというのがあるんですが…。

特に辞めたいわけでもなくただヒマな時にひたすら看護師求人を見てるんですよね。

これを休憩中とかにやっちゃうんで、

MOMOさん辞めるんですか?!

という誤解を与えてしまこともあるほど。

いやいや、将来現場の看護師がキツくなってきたら何しようかなぁなんて思いながら見てるだけなんですけどね。

50〜60代でも臨床現場でバリバリ働いてらっしゃる先輩もいますが、本気で凄いなぁと思います。

私は体力も気力もそこまで持つ自信がないんですよね。

記憶力も年々落ちてるし。笑

かと言って人生100年時代!

65歳で楽隠居なんて時代じゃないですからね、ぎりぎりまで働いて稼がないと自分が長生きできたのにお金が足りなくて楽しくないなんてことになったら最悪ですから。

豪華なクルーズ船で世界をぐるぐる回りながら最期を迎えたいんです私は。

だから将来は如何に体を使わずに看護師の資格を活かして高給仕事をするか、それをよく考えるんです。

新人の時からその考えは持っていました。

そして今ようやく結論が出つつありますので発表します。

看護師の4つの将来像

①臨床

この道が一番多いパターンですよね。一度リタイアしても戻って来れるのが看護師の強み。一般の看護師として常勤、非常勤などで病院やクリニックで働いているケースです。

②管理

これは看護師長やら看護部長。最近は看護師が副院長に就くというケースも増えています。事実私が以前いた病院もそうなりました。

要するに管理は臨床看護師の最上位です。

②研究

看護には研究という分野もありますよね。

ほとんどが臨床に出てしまうとは思いますが、大学院に進んで学位を取り、大学に残って興味のあるテーマを研究したり、研究機関に就職することも。

③教育

看護教育も大きな分野の1つですね。

専門学校や大学などの看護師養成施設に教員として就くか、講師として特定の科目を教えるなどの方法もあります。

もう手遅れなのは?!

さて、この4つのうちどれに就くかは自由意思です。でも事情によってもうその職に就くのは難しいケースもあります。

例えば管理職。

これは臨床経験の長さや、同一病院での勤務実績が物を言います。長いブランクのある人や転職組などは、主任や師長ならともかく看護部長の役には就きづらいかと思います。

まして私のようなコロコロした転職屋は看護部長にはなれません。

次に研究者。

大学院に進んで学位を取ってなど時間も費用もそれなりにかかりますので、看護師になる時点で進路を決めた人が圧倒的に多いと思います。臨床から研究者になりたいと思う人は目的意識が高いのでもちろん不可能ではありませんけどね。

最良の将来は?

残るは臨床と、もう1つの教育!

私はへろへろナースなので臨床は40代までにして、教育に進路をとろうかなんて考えています。

『先生なんて無理無理!』

『実習とか大変そうだし…』

そう思っている方。

教員ではなく、まずは講師から入ってみたらどうでしょうか。

年中求人を眺めている私だからこそわかるんですが、看護系の講師の需要ってけっこう幅広いんですよ。

看護専門学校や、看護大学の非常勤はもちろんのこと、介護福祉士やヘルパーの講座にだって必要なんですよね。

非常勤だと毎年特定の科目を教え続けるので段々とスキルも高まってきますしね。

何より人に教えるということで自分も勉強になりますし、看護や医療系のニュースに敏感になるし、年をとっても高い意識を保つことが出来ます。

臨床現場ほど体力を使わないので年齢を重ねても、頭がしっりしている限り続けられます

ブランクナースにも応用可!

この講師という仕事、ブランクナースにもいいと思うんです。

知り合いの看護師に、出産と子育てが続いて6年のブランクがある人が居るんですが、現場はもう無理だと言ってスーパーのレジ打ちのパートに就いてしまいました。

これじゃあまた戻りたい時に更に敷居が高くなってしまいます。もったいない!

例えば非常勤で介護系講座の講師から始めて、徐々に自信をつけていき、その経験を生かして看護学校の講師や教員になるという道もあるんです。ブランクからいきなり看護学校も結構怖いですしね。

しかもですね、その介護系講座・・・

時給2000円~

かなり良いじゃん!

1日8時間だと、

日給16,000円!

私が今参考に見たやつですが、平日のみ、土日のみなど希望も聞いてくれるみたいなんで、子持ちのブランク看護師にはもってこいの案件な気がします。

企業、教育のカテゴリや、講師で検索すると出てきます。講師だと非公開求人も多いので必ず登録して見てください。

私が見たところ、この年がら年中募集していますが、時給のいいやつからどんどん消えていきます。

下記に私が普段見ている求人情報のまとめを貼っておきますね。

おそらく8位のマイナビ看護師が一番講師案件が多いです。

2018年看護師転職サイトまとめ

10社以上登録していた私が、その中でもおすすめできる看護師転職サイトをランキング形式で貼っていきます。

圧倒的に求人数が多い

サポートがしつこくなく尚且つ頼りたい時には熱心

そしていざ採用されたときにメール一つでおしまいにできる関係。(笑)

これをすべて備えている会社しかご紹介していません。ほんとは全部同率1位ですが。

下のリンクから飛んでフォームから名前やメールアドレスを入力すると求人が閲覧できるようになります。もちろん無料。

超重要なのは大手だから良いという訳では決してないということ!CMや広告費がかかっているしノルマでもあるんでしょうか?必死なので強引な会社がありました。自分で使って分かったそのような会社はもちろんランキングから外してあります



1位:ナース人材バンク
説明不要の最大手です。もちろん私も登録していました。東証一部上場なのか…(いつの間に)ナースの年間利用者10万人以上ですから。まぁ転職するならとりあえずここに登録しておこうという会社です。



2位:ナースの転職ならジョブデポ看護師
私は次の転職はここからします。お祝い金40万最高額の上に求人数も8万件ですからね。あまり広告を出していないから高額のお祝い金が出せるんです。確かにめっちゃ探してやっと見つけた~_~;



3位:ナースコンシェルジュ
ここは登録していませんでしたが、私が知らずに無駄な時間を過ごした逆指名に公式に対応。転職をせかしたり強引に案内しない割にサポートが親切との口コミが多く、お友達紹介による登録が7割!友達にまあまあのものをすすめませんよね?大体自分で使った中で一番良いものをすすめます。そういう意味でかなり高評価にしました。



4位:看護師求人:ナースフル
これももちろん登録してました。言わずと知れた超大手のリクルートの運営です。東京の求人数がトップクラスでした。関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬、茨城 )関西(大阪、京都、奈良、兵庫、滋賀、和歌山)などの都市部に非常に強いんです。上京ナースの受け入れもしてます。


5位:ナースパワー人材センター
紹介歴30年の大ベテランさんですね。もちろん登録してます。短期で月収45万円以上確実な看護師転職サイトとしても有名。沖縄応援ナースで短期の沖縄求人多数!遊べるリゾートナース素敵…独身遊び盛りにオススメですね笑。どんどん良くなってるなぁ。



6位:看護師転職サイト『ナースJJ』
これも私が登録していた会社です。あまり聞き馴染みないかもしれませんが、実は超老舗で昔っからあって安心。エージェントが親切です。つかでたー!お祝い金35万円!当時は祝い金制度はなかった…



7位:看護のお仕事
ここは非公開求人数がめっちゃ多いんですよ!好条件の新着は応募が殺到しすぎるので誰にでもは見せません。登録者のみ!非公開求人とはそういうことです。これを見たくて登録してたなぁ。確かに当時よだれの出るめっちゃ好条件ありました。(年休140日で月給35万など)これが多いところは登録するメリットも大きいんです。



8位:マイナビ看護師TOP
好条件案件が多く、そのうち非公開求人数が半数を占めるんですよね。私がブランクナースにお勧めしている講師案件も多いのがこちらのマイナビ看護師!登録することで非公開の講師案件がたくさん見れるのでこちらも登録するメリットが大きいですね。

 

【派遣・地方特化型の転職サイト】

看護のお仕事派遣
これは上記と同じレバレシーズ社の派遣に特化した求人サイト。派遣ナース探しにぴったり。ただし、関東・関西・東海なのて、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・奈良・兵庫・愛知・静岡エリアメインです。東海地域2018の1月から始まったばかり!時給2500円や保育園勤務などのレアな求人もあります。



看護師専門の転職サイト「ナースジョブ北海道」

そうそう!私が上の記事に書いた『特定の地域に強い会社』さんです。こちらは主に、北海道、兵庫、広島、岡山、福岡の病院の求人に強いそうです。そちらの地域の方は要チェックですね。

 

他にもまだまだたくさんありますが…眠すぎてはもう寝ます。

鋭意更新していきます…zZ Z


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です