【サンマリン長野@最新情報】子連れこそ夕方からのナイトプールが最高♪施設&持ち物一覧!

2018年。

長野市の巨大市民プール“サンマリン長野”がリニューアルされましたね。

スライダー、流れるプール、海プール、幼児プール、ジャグジー、展望風呂、飲食となんでも揃った室内プール。

室内なので冬など寒い時期でもプール遊びできるっていうのがいいですね。

ただ、大人1200円で時期よって時間制限ありと聞いて敬遠してたんです。

家族みんなで行くと高くつくな~と。

しかし!

ディズニーリゾートの『アフター6』の様に、夕方からいくと割安になるという噂を聞きつけてみんなで行ってきました。

今回は3歳から〜小学生までの子連れ。

料金一覧や、プール・温泉の利用方法、プール内飲食店、実際行ってみて分かった知らないとヤバイ注意事項、持ちものなどの最新情報を書いていきますね。

①サンマリン長野料金一覧

デイ(昼間)料金

◆入場券
大人    1200円
小中学生    600円

◆回数券(6回)
大人           6000円
小中学生    3000円
※未就学児は無料
※土日祝&7〜9月は時間制限3時間まで!以降は下記の延長料金とられます。

◆1時間ごとの延長料金
大人            400円
小中学生     200円

ナイト(18時〜)料金

◆ナイト入場料
大人    680
小中学生  340

◆ナイト回数券(6回分)※←MOMO購入
大人          3400円
小中学生   1700円
※回数券はICカードにチャージするので預かり金500円かかるけど、最後には戻ってきます。

【年間パスポート】

大人         48000円
小中学生  24000円
※計算してみたら昼間40回or夜71回行けば元が取れます。買いませんけどね。
※ゼブンイレブンでチケットを事前購入可能。お盆などの混雑日に行く場合は券売機も激混みなので事前購入だとスムーズです。

②混雑回避するならナイトプール

デイタイム(昼間)混雑具合

夏季の休日は当然芋洗い状態。

特にお盆はめちゃくちゃに混んでました。

スライダーが階段中ほどまでいっぱいになります。

やっぱり一般的に夏場は混み、冬場はすきます。

ナイトタイムの混雑具合

ナイトは18〜21時。十分楽しめます。

休前日は若い人で賑わってますね。

とは言え昼間よりは全然空いてます。

平日夜は夏場でもガラガラでした。

スライダーも最高で5人待ちくらい

③子連れナイトプールの日は夕飯とお風呂をラクに

ナイトタイムは18時から。

なので我が家では早めの17時には夕食を済ませてから出かけます。

サンマリン長野内でも食事は可能ですが、21時までしかないのでゆっくりご飯食べるほどでもないし、無駄なコストを省きたい場合は食べてから行くのがオススメ。

ただしプール休憩の時に食べるフードは激ウマなので軽食くらいは買ってます。

お風呂は帰りの個室シャワーや展望風呂で済ませてくれば帰って寝るだけ!

ナイトプールから帰ってきてまた風呂に入るのは面倒だし、子供も疲れて下手すれば車で寝ちゃいますからね。

プールで洗濯物が多いのにお風呂でまたバスタオル使ったら洗濯物がバカみたいに多くなります。

シャワーにはありませんが展望風呂にはシャンプーなどはそろっています。

チケット代にもお風呂料金は含まれているので入らないと損です。

③子連れで行くときの持ちもの

□水着(服の下に着てくとラク)

□帰りの服と下着(水着着てくと忘れがち注意)

□タオル

□ゴーグル(任意)

□キャップ(25mプールのみ着用義務)

□浮き輪(ビーチボール禁止なので注意)

□子供のおやつ飲み物(車用。持ち込みは禁止)

□お風呂セット(展望風呂にはシャンプーあり)

□お金(100円返却式ロッカー&軽食購入用)

□貴重品を持ち込み用に分けて入れる防水ポーチ

※室内プールなので大仰な日焼け対策は不要です

 

④サンマリン長野入場方法

入り口はこちら。

 

⑴券売機でチケットを購入

幼児は反対側の受付で無料入場券がもらえます。

混雑回避ポイント

お盆中はこの券売機が激込みして外まで並んでいました!

セブンイレブンで事前購入すれば行列スルーです。

24時間買えるので行きがてらでもOK!

こちらに購入方法を書いておきます。↓

サンマリン長野前売りチケットをセブンイレブンで買ってみた。

⑵靴箱に靴を預ける

鍵付きロッカーに靴を入れます。

ここで鍵をバッグ深くにしまい込むと帰り延々と探すことになるので管理注意!

帰りにそんな人がちらほらいました。

MOMOは防水ポーチにみんなの分まとめて入れています。

⑶チケットで改札を通る

これが券売機で購入したチケット。

この自動改札風のところでチケットに書かれたバーコードを読み取らせて入場します。

貴重品はここを抜けるとある貴重品ボックスへ

⑷更衣室で着替え

100円返却式のコインロッカーです。

コイン投入口が中にあるタイプ。100円お忘れ注意です。

⑸持ち込み荷物は小さく

プール内には狭いタオル置きロッカーしかないので持ち込み荷物は小さめに。

財布などの貴重品は更衣室外の鍵付きロッカーに。

飲食用の小銭だけ防水ポーチに入れて持ち込みました。

⑹シャワーを浴びて入る

更衣室を出るとシャワーがあるので、浴びてから入るのがルールです。

⑺休憩時間の過ごし方

1時間に一回10分ほどの強制休憩があります。

この時間はプールから出なくてはダメなので小腹が空いてたら2階にある唯一の飲食場所で過ごすのがおすすめ。

混んでいる日は休憩タイムの少し前に行くと座れます。

メニューはこんな感じ。

食券を買ってカウンターに出すとアラームが渡されます。フードコートみたいですね。

プールの種類

プールは特別なイベント時以外は撮影禁止なので写真は長野市HPとサンマリン長野パンフレットからお借りしています。

⑴25mプール

6コースからなる25mプール。
ウォーキング専用コースもありバリアフリー。
ここだけはプール用帽子が必須。

長野市HPより

⑵造波プール

いわゆる海プール。
時間によって様々な形の波が作られます。
噴水・スコール・ミストなどの演出もあります。

公式パンフレットより

⑶流水プール

回遊式の流れるプールです。
これが一番長くいたかも。
子供も幼児プールよりもこっちが好きなようです。

長野市HPより

⑷スライダー

2種類のスライダー。
1人乗りor2人乗りの浮き輪で滑る浮き輪スライダーと、ボディスライダーがあります。めっちゃ楽しい。

※注意※
身長120センチ以上でないとダメ。身長計があります。あとアクセサリー禁止です。

 

⑸幼児プール

幼児用の浅瀬になったプール。
放水塔やすべり台があります。

※注意!※
オムツの取れていない赤ちゃんは例え水遊びパンツを履いていても入水禁止にされています。
明らかにオムツ年齢で入っている場合はスタッフから年齢を聞かれている人もいました。
ちらほらと0歳児連れ風のファミリーも居ましたが、赤ちゃん水着を着て保護者と見学していました。

⑹ジャグジー

1時間おきに10分の休憩があります。
休憩中はプールには入れませんがジャグジーには入ってOK!すかさずジャグジーへ行って温まります。
ジャグジーはプール内の奥の階段を上がるとあります。

 

⑥子連れの注意事項

・ビーチボールは持ち込み禁止。注意されてる人もいました。

・飛び込み、プールサイドで走るなども禁止。

【小学2年生以下】
大人1名につき2人まで入場可能。保護者も一緒に入水して手の届く範囲で見守る。

【小学3、4年生】
保護者が入水orプールサイドで要監視。

【小学5年〜中学生】
午後5時までなら保護者不要。5時以降は保護者付き添い必要。

【ママも要注意!】
ネックレス、ピアスでの入水やスライダーは禁止です。

まとめ

混雑回避とコスパからしてナイトプール優秀

お盆は激混みなので事前チケットがラク

持ち物が多いので忘れ物注意!