【蔵部@小布施】デートや両家顔合わせにも!/長野ランチシリーズ番外編

こんにちは。MOMOです。

今回は【長野子連れランチシリーズ】の中ではちょっと番外編。

毎回子供向けのお店をご紹介していますが今回は大人な店です。

2018年4月にリニューアルオープンした、

小布施『蔵部(くらぶ)』

に行って来ました。

蔵部とは

小布施で最も有名な栗菓子店の一つ、小布施堂の直営店。

まるで昔の酒造所のようなスタイルの、高級感のある和食のお店です。

予算はランチで1600〜4000円くらい。

実際に桝一酒造の酒蔵を改装して作られていて、すごいカッコいいんですよね。

下の写真のロゴ。読めますか?

上の四角がマスを表していて、その下が漢字の一で『ますいち』す。

はぁ・・

シャレてます。

以前はスクエアワンというオリジナルのお酒もありましたね。

オープンスタイルの大きなキッチンはまるでスタジアムのようです。

公式HPより

ぐるりと囲まれたカウンター席は観客のように料理人の仕事を眺めることができます。

結構見どころがあって、実際にキッチンの中にある巨大な黒塗りの竃を使ってご飯を炊いたり、魚を焼いたり。

見ているだけで楽しいんですよね。

蔵部の外観

リニューアル後はこんなが掲げられていました。

外観シブいですねぇ。

相変わらず素敵です。

蔵部の店内

あえて薄暗くしてありますのでちょっとした段差に注意。

私はガクッとなったことがあります。

入ってすぐ左手にオープンスタイルのキッチン。

公式HPより

おススメの席

MOMOは平日ランチでも予約しています。

何故ならお気に入りの席が決まっているから。

静かに過ごしたい場合はキッチンから離れた席。

キッチンを近くで眺めたい場合は目の前のカウンター席が適していると思います。

でも、MOMOの一番おススメの席はそのどちらでもありません。

カウンターの後ろに、造り込まれた中庭の景色がまるで絵画のように見える大きなガラスがはめ込まれた窓があります。

公式HPより

その窓際のソファー席が最高の席です。

中庭もばっちり見れるし、キッチンの料理人の様子も両方楽しめる上に、座席がゆったりしているからです。

デートにもいいし、婚約後にここで両家顔合わせしました。

メニュー

メニューはリニューアル以前より種類が増えています。

写真が乱れてすみません。

ちなみに蔵部に来る前に栗ソフトやクレープを食べ歩きしてしまったMOMOたちはついた時点でお腹いっぱい…。

そんな人でも食べられそうなさらっとしたランチもあるんです。

イワナの焼きおにぎり茶漬け』⬇

優しい味です。

本当はお刺身食べたかったんですが、次回はお腹を空かせて来ます…。

めでたしっ。

店舗情報

営業時間

11:00~22:00(L.O.20:00)

電話番号

026-247-5300

定休日

年中無休

駐車場

予約時に問い合わせたところ、今は提携駐車場がないそうです。

以前はしんきんの奥の駐車場と提携していたはずなのに!

近くの有料パーキングに停めるしかないという残念ぶり。

場所マップ

長野県上高井郡小布施町大字小布施807