被災地に折鶴NGの理由!小学生でも分かるマズローの欲求階層説でスッキリしよう

こんにちは。元ICU看護師のMOMOです。

みなさん【マズローの欲求階層説】ってご存知ですか?

『名前からして難しそう・・』

 

なんて思われがちですが、大丈夫!

これは小学生でも理解できる簡単な話です。

どうして簡単に理解できるかというと、

自分に当てはめて考えることができるから。

また場合によっては遠く離れた相手のニーズも察知することができるめちゃくちゃ便利な理論です。

理解しておけば今後の人生で役に立つこと間違いなし!

では始めます!

その前になんでマズローが必要?

東日本大地震以来、地震や土砂崩れ、大雨による河川の氾濫などで多くの人が亡くなり、被災されています。

他人事ではありません。

あなたの自宅も当てはまるものはありませんか?

断層上=地震

海に近い=津波

川に近い=氾濫

山に近い=土砂崩れ

上記の全てを含めると、逃れられる土地など、もはや日本にはないのではないかと思います。

私は結婚後に田舎へ引っ越してきましたが、今の住所はよく調べたら上記のうち二つ当てはまっていました。

ちょっと私の話をします。

私は東日本大震災の時、とある病院に看護師として勤めていました。

電気が止まり、薄暗い自家発電の中、被災中心地域から受け入れきれなかった多くの患者さんが次々と搬送されてきました。

ERには入りきらず廊下で治療し、野戦病院というのはこういう感じなのかと思ったものです。

地震で通勤できなくなっていたため、当日勤務していたスタッフだけで最初の3日間はほぼ24時間の連続勤務でした。

圧倒的に少ないスタッフと足りない器材。スタッフの何十倍という患者数。

こなす速度の倍速でやることが増えていき、何日間もの間まったくゴールが見えませんでした。

初めて自宅に帰ったのは震災からおそらく5日後くらい。

1dayコンタクトが交換できないままだったので眼球に貼り付いてしまい、眼科の先生に外してもらいました。

簡単に書いていますが、今でも怖くなるのであまり思い出さないようにしています。

さて、このように誰しもいつどんな状況で被災するかは分かりません。

今回はそんな誰もが当事者になりえる被災の、支援のあり方について。

私はとあるTwitterから、【マズローの欲求階層説】をたくさんの人が知るべきであると考えました。

そのTwitterはこちら

もちろん折り鶴を送った人に悪意はないでしょう。

でも被災直後の、まだガレキも残っている、食料も水も足りない、家族の無事も分からない時、折り鶴は必要ありませんよね。

かと言って、被災地にいつ何が必要なのか。

本当に分かっていると言えますか?

被災した経験がなければよく分からないですよね。

よく分からないから、とにかく激励したくて被災直後に思いを込めた折り鶴を折って贈る。曲を作って歌を贈る。

なんてもったいない!

『困っている人を助けたい』

その情熱や支援したい気持ちがあるなら今ジャストで困っていることに焦点を当ててください。

マズローの欲求階層説の解説スタート!

被災地に被災直後に折り鶴や歌を送ってしまう人。

そんな人はマズローの欲求階層説を知ると、自分がいかにいろんなことをすっ飛ばしてしまっていたのかよくわかると思います。

では説明を始めます。

簡単な理論なので、小学生でも理解可能です。

こちらの図をご覧ください。

これがマズローの欲求階層です。

すべての人に当てはまる考えです。

ちなみにこれはMOMOがiPhoneのメモ機能で書いたものです。

多少の乱れはご容赦ください💦

これは、人の欲求の段階を表しています。

まずはそれぞれどんな欲求のことを言っているのか、下から上へ順番に理解していきましょう。

①生理的欲求

食べる、寝る、排泄するといった最低限の欲求です。恵まれた日本では生まれたときから当たり前に満たされているので、普段意識することはありません。

②安全の欲求

生活する上で、安定した状態を求める欲求です。 安定した状態とは、良い健康状態をキープできている、また住まいがきちんと整っていることを指します。

③愛と所属の欲求

生理的欲求・安全の欲求である下の階層がふたつとも満たされると初めて現れる欲求です。

家族や友達に愛され、必要とされたいという欲求

また大人であれば、社会に属していて必要とされていると感じたい欲求も加わります。

④承認欲求

カッコ良く思われたい、可愛いと言われたい、セレブに見られたいなど、他人に認めてもらいたい低俗な(あ、失礼)承認欲求と、自分の技術や能力を高め、自分を尊重することで満たさせる自立的な承認欲求の二種類があります。

 

⑤自己実現の欲求

自分の持つ能力、まあ平たく言えば才能ですね。

自分が持つ才能を生かした行動をとっていないと人は不安になります。

その才能を生かして生きていきたいという欲求です。

『自分はアメリカで通用するラッパーの才能がある!』と本気で思いながら普通の生活をしていても、いつかこの欲求を満たさなければ気が済まなくなってきます。

これが自己実現の欲求です。

被災した場合かなり縁遠い欲求ですね。

 

なんで階層になってるの?

それぞれがどんな欲求か理解できましたね。

では、なぜこんなふうに階層状態になっているのか

大前提として、マズローの欲求階層説は、

『下の欲求が満たされないと、その上の欲求を満たすことは出来ない・必要性も感じない』

と言われています。

だからそれを表すためにこんな三角形の階層状態になっているんです。

欲求は下から満たされなければその上の欲求のニーズは起こりません。

例えば、③の承認欲求。

被災して大けがを負い、死にそうな状態になったっとします。

そんな時に『カッコつけたい』『お金持ちに見られたい』なんて欲求が生じるわけありませんよね。

そういうことです。

ではここで質問です。

何も満たされていないゼロの状態とはどんな状態でしょうか?

それを分かりやすくするために、こんな男性を登場させてみましょう。

32歳男性

既婚

会社員

昨年子供が産まれ、マイホームのローンも順調に返済中。

会社では自分の希望した部署で、やりがいのある仕事をバリバリしていて出世コース!

最上級の自己実現の欲求まで満タンに満たされて幸せな人生を送っている人です。

しかしある日突然、彼の住む地域に未曾有の大震災が起きたとします。

震災直後

突然の大震災。

電車で通勤中だった彼は足にケガを負いました。

妻と連絡が取れないことが不安でしたが、当然交通網はマヒ。彼はケガをした足を引きずって数時間かけて自宅に戻りました。

【足のケガ=安全の欲求×】

 

自宅

しかし、家は瓦礫の山でした。

行政の手はまだこの地域には届いていない様子で自力でどうにもできません。

【住まいの崩壊=安全の欲求×】

 

避難所

『もしかしたら避難しているかもしれない』という一縷の望みを持って近隣の小学校に向かいました。

避難指定の体育館はサウナ状態。地震直後でまだ食事の配給もなく、水道も止まってトイレも満足に使えません。

【食事排泄の困難=生理的欲求×】

 

家族の安否不明

避難所に家族はおらず手がかりもなし。

彼は絶望の淵に追いやられました。食料を配りはじめた様子でしたが、とても食事が喉を通る状態ではありませんでした。

【家族の安否不明=愛と所属の欲求×】

 

マズローの欲求階層説によると、土台が崩壊すれば全て崩れます。

これが満タンに満たされていた欲求階層が一気にゼロになってしまった人の状態です。

ここで更に質問です。

一番最初に彼に何が必要か分かりますか?

マズローの欲求階層説を使って理解してみましょう。

『下から順番に』

というルールなので答えは簡単。

まずは生理的欲求を満たす必要があります。

 

『家族の安否確認じゃないの?』

と思った方!

とてもいい質問です。

たしかに彼が今一番したいことは妻と幼い子供が無事かどうか確かめること。

③の愛と所属の欲求を満たすことで頭がいっぱいです。

しかし、飲まず食わずの無休でその作業ができるでしょうか?

③の充足のためにはまず、①生理的欲求と②安全の欲求を充足させて自分をしっかり立て直す必要があります。

しかも彼は足を怪我しています。このままでは家族を探すどころではありません。

気持ちだけでは肉体は動けません。

だから最初をすっ飛ばして上の階層には飛ばないんですね。

では例文を続けます。

一人で頭を抱えて座り込んでいると、女の子がやってきました。

 

「おじさん、これあげる。あっちで配ってたの」

そう言っておにぎりを一つ手渡してきました。

座り込んでうなだれる彼を心配してくれたのでしょう。

彼はお礼を言って、随分久しぶりに食べ物を口にしました。

【食事=①生理的欲求○】

 

意欲がわく

腹が満たさせると家族を探そうという意欲が湧いてきました。

喉が乾いたので列に並んでペットポトルの水を手に入れ、手続きをして体育館に自分の居場所も確保しました。

【仮住居の確保=②安全の欲求○】

 

けがの治療

足を怪我していたので、救護室で処置を受けました。軽い捻挫でしたが、しっかりとテーピング固定してもらうと痛みが減って足を引きずることもなくなりました。

【怪我の治療=②安全の欲求○】

 

これでようやく家族を探せます。

彼はまずおにぎりを食べ(①生理的欲求)居場所を確保して(②安全の欲求)ケガの治療を受けました(②安全の欲求)

そしてようやく家族の安否確認という作業に向き合います(③愛と所属の欲求)

①→②→③というマズローの欲求階層説通りです。

この例でわかる通り、震災直後は多くの人が生理的欲求すら満たせずに困っています。

このような、震災直後のまだ混乱している時に折り鶴が送られてきたらどう思いますか?

こちらのTwitterをご覧ください。

冒頭の『折り鶴を送らないで』というTwitterについたコメントの一部です。

私は下の人が言う通りだと思います。

『飲まず食わずでトイレを我慢せざるを得ない人』に、折り鶴をあげたり、歌なんか聞かせても余計にイラつかせるだけです。

大震災翌日に、とある有名人が「私には歌うことしかできない」とyoutubeで歌っている映像をニュースで見た時には正直神経を逆なでられる思いしかしませんでした。

これに対してビートたけしさんが『今世紀最大空気読めない人』と言ってくれたのでだいぶスッキリしました。笑

それに、自分には何の落ち度もなく、生理的欲求すら満たせない位置に居ざるを得ない人が、それより上で満ち足りて生きている人に合わせなければならない理由はありません。

作った人だって善意でやっていますから、状況を知れば『せっかく作ったのに』と怒り出すことはないと思います。

折り鶴はいつがベスト?

折り鶴や歌が悪いと言っているわけではありません。

支援にはそれに適したタイミングが重要ということです。

では折り鶴のように、

【応援の気持ちを表す支援】

はマズローの欲求階層説でいうといつのタイミングがいいのでしょうか?

①生理的欲求(食事・排泄・睡眠)が満たされた後ですか?

②安全の欲求(健康で住む場所が落ち着く)が満たされた後でしょうか?

③愛と所属の欲求(家族の安否がわかり、仕事に復帰する)の後でしょうか?

私は②か③の後だと思います。

被災地が今どんな状況なのか分からないならリサーチすればいいんです。

公的なホームページ

Twitter

報道

一つの情報ソースだけを頼るのではなく、公的な発表を主軸に考える必要があります。

何故ならTwitterをはじめ、その他の情報は真偽が不明でそれを確認する手立てもないからです。

でも本当に困っている人の重要な情報が流れているのも事実。

いろんな情報を調べた上で総合的に判断しましょう。

遠く離れていても、今被災地で何が求められているか知る方法はいくらでもあります。ここを怠っては自己満足になりかねません。

何かしたいけどどうしたらいい?

まあこんな人がほとんどだと思います。

または時間や手段がなくて現地で直接支援できない。けど何かしたい。

そんな時の最強支援アイテムはお金です。

お金は避難所のトイレの整備から住居の確保まであらゆる欲求階層を支援できます。

何かしたい気持ちがあるなら、何もしないよりも募金することが最も有効な手段です。

具体的に支援したい場合の注意点

千鳥のノブさんが、とある物資募集のツイートをリツイートしたところ、そのツイートが実は物資受け入れの許可を取った正式なものではなかったため、突然たくさんの物資が届いて相手先に迷惑をかけてしまったこともありましたね。

Yahoo!ニュースになっていました。

影響力のある芸能人だとリツイートも情報の真偽を確認しないと大変なことになります。

大量に送られてきたものを仕分けるのも、現場にいる人しかいません。

現場は人命救助や後片付けなど優先すべきことが山ほどあり、そちらに人手が割かれているため基本的に人手不足です。

親切心があだになりうることもあるので、公的な情報の下調へが重要というのはこういう理由からです。

まとめ

マズローの欲求階層説はご理解いただけましたか?

相手が一体どんな環境にいてどんな欲求が満たされていないのか。

特に被災した人や病気の人は段階が一気に下がっていて他人の援助を必要としている可能性があります。

ぜひ想像力を働かせるのに役立ててください。

また、これさえ知っていれば、自分が今どの位置にいて、これから何を求めて生きていくべきなのか、人生の指標として使うことができます。

今、給料も人間関係も大きな問題がないにも関わらず仕事を続けることに不安や焦りがある人。

自分の理想とする能力の発揮ができていないと感じていませんか?

そこから大きくズレていて自己実現の欲求が満たされないせいかもしれませんよ!

これだけ抑えとけ!

マズローの欲求は下から上!

段階をすっ飛ばして上へは上がれない!

何はともあれ食事と睡眠から!

マズローの欲求階層説をもっと知りたい人へ

今回は被災とからめて超絶簡単に解説をしています。

マズローさんごめんなさいと言いたいくらいです。

本当はもっと奥が深いので、マズローって何者?もっと知りたい!って方はウィキペディアの自己実現理論へどうぞ!