【池の平ホテル】ベビーカーでチェックイン!荷物運び編/赤ちゃん連れ口コミ①

こんにちわMOMOです。

初めましての方はプロフィールをどうぞ!

CMでもお馴染みの池の平ホテルに行ってきました。

プリキュアルームなんかで有名ですよね。

今回パパは仕事でお留守番。

母と姉と小学生の姪っ子2名、&私と1才の息子の6人連れです!

因みに3月中だったので遊園地は休業中。

平日ですが春休み中のやや混雑日でした。

果たして遊園地なしで楽しめるのか!?

乞うご期待!

スポンサードサーチ

池の平ホテル概要

場所

住所

長野県北佐久郡立科町芦田八ケ野1596

とりあえず長野県の真ん中辺りにあります。

それより何よりびっくりしたのはナビに表示された標高!

なんと1700m地点にあります!

東京は海抜数m、長野市でも約300mですよ。涼しいわけですよね。

下調べによるとこちらのリゾートは美術館や遊園地、冬は雪遊びできるスノーパークも併設されていて、ホテル内にはスライダー付きのプールやきっずきっずと呼ばれる子供用の遊興施設、ゲームセンター、ボーリング場など様々あります。

もちろん広い温泉も♪

ここではプロジェクションマッピングまでやるそうです。楽しみ!

そして何よりカニ付き&ステーキ付きの食べ放題!

私はそれが狙いです( ̄▽ ̄)

我々は今回長野市から車で1時間半ほどかけてきましたが、なんと新宿、名古屋から直行バスが出てるそうです!

何だか凄いですね…

一大テーマパークって感じ。

部屋到着までが大変!

ロータリーに到着すると、すかさず案内の方が寄ってきます。荷物と人をここで降ろして指定されたところに駐車。

おっと、大量の荷物とベビーカーがあるのに入っていきなりエスカレーター!

しかもエレベーターなし!

と思ったらスタッフさんがベビーカーを持って階段上まで運んでくれました。

次の試練はチェックイン待ち。

ロビーには他にもぐったりとチェックインを待つ人々。子供居てこれはちょっとしんどかったですね。

チェックイン時間ちょい過ぎてから来た方が良かったかも。

子連れポイント

ロビーの上の階にキッズルームと授乳室があります。

クッションマットが敷かれていて、そこそこのおもちゃもあるので、まだ小さいお子さんはここで待機させるとラクですよ。

ベビーベットもありました。

すぐ遊びに行きたい人

そのキッズルームのお隣はコインロッカー。

チェックイン前に荷物をそこに入れて遊園地などに遊びに行くことも可能です。

(フロントでは荷物預かりしてもらえません)

あ、そうそう第一印象で感じたハード面の感想ですが、バブル期に建てられたまま、ちょこちょこしか補修してないんだなって感じ。

何となく伝わりますか?

ただ、それなりに清潔にはしてあります!

そこはとても大事なことかな。

当たり外れは多少あるけど、スタッフさんも全般に感じいいです。

東館は食事お風呂が近い

宿泊は東館の和洋室でした。

ようやくチェックインが済んで、荷物を運びつつ部屋へ向かいます。

ポーターさんなんて居ませんよ〜!

ここでまたまた試練!

行き先にはまたしてもエスカレーターと階段が…!お決まりのエレベーターなし!

一応スタッフさんが居るんですが忙しそうなのでベビーカーやら子供やらピストン輸送

まぁこの辺は口コミで覚悟して居たので想定内。

ここ以降は空港で使うようなカートが置いてあるので、それに乗せて運びます。

国定公園の地形を生かして建てたのでホテル内は段差だらけなんですって。

お風呂の前を通って、今度は荷物が乗せられるスロープ状のエスカレーター

カートが重いのでずり落ちないように踏ん張りが必要です。

更に食事会場前を通ってエレベーターへ。

そして部屋に至ります。

こうしてみると、東館はお風呂と食事会場へのアクセスがいいですね。

大事なことなのでもう一度。

東館はお風呂とご飯に行く時便利!です。

アネックス館という反対側にある建物はちょっとリッチな部屋とかプリキュアルームとかあるみたいなので、そこは好みですね。

我々は大人数なので強制的に東館でした。

東館ご紹介

お部屋は古いながらも清潔

ベッド2つあるカーペットエリアと畳エリアがあり、畳はお布団を4組敷ける広さ。

段差もなく無駄な置物もなく、はいはいの子供がいたのでありがたかったです。

お風呂はユニットバス。

まぁ使わないのでスルー。

トイレは独立です。

ティファールもどきの湯沸しポットに簡易冷蔵庫あり。デフォルトですね。

最新の加湿機能付き空気清浄機もありました。これはいいですね。

バスタオルが1組足りなかったけど、フロントに電話したらすぐ持ってきてくれました。

アメニティ

バスタオルに加えてハンドタオルも各自1枚ずつあり。

その他くし、歯ブラシ、オマケ歯磨き粉、T字かみそり、ヘアゴム。子供用浴衣まであるのでパジャマは持参しなくていいですね。

大浴場内の方はよくある馬油のシャンプーとコンディショナー、ボディソープでした。

ドライヤーは部屋と大浴場にもまずまずパワーのあるやつが置いてあります。

大浴場には化粧水や乳液もこれまたよくあるPOLAのが置いてありました。

荷物減らしたい人はこだわらずにこれ使いましょうね。

あ、それとお風呂場には子供用浴用椅子と子供用シャンプーもありましたよ。

さて、チェックイン編はここまで。

次回、大浴場プロジェクションマッピングとわくわくディナーバイキング編に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です